So-net無料ブログ作成
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ
前の10件 | -

宝塚ファンのアドレス、阪急電鉄が誤送信(読売新聞)

 阪急電鉄は22日、運営する宝塚歌劇の公式ファンクラブ「宝塚友の会」(約7万人)の会員への告知メールで、誤って会員60人分のメールアドレスを別の会員49人に送信した、と発表した。

 住所や氏名などの個人情報は含まれていなかった。

 担当者が19日、メール本文中にアドレスを複写した状態で送信。直後に気付き、メールの削除を依頼したという。同社広報部は「確認を徹底して再発防止に努めたい」としている。

「押尾被告が入手依頼」=知人男、麻薬譲渡認める−東京地裁(時事通信)
中部空港でシンガポール機トラブル、滑走路一時閉鎖(読売新聞)
スズキが42万台リコール 日産、ダイハツも続々(産経新聞)
<小沢幹事長>「青木氏は役割終えた」…対抗馬の擁立会見(毎日新聞)
普天間陸上案は非現実的=自民・谷垣氏(時事通信)

劇団ふるさときゃらばんが破産=全国各地で公演、負債6億円(時事通信)

 帝国データバンクによると、全国各地で公演を行う劇団「ふるさときゃらばん」(東京都小金井市)と関連会社の「ふるきゃらシネマ」(同)が、22日までに東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債は2社合計で6億4700万円。リストラを進めていたが、採算が好転せず、事業継続を断念した。
 ふるさときゃらばんは1983年創設。85年に法人化した。オリジナルのミュージカルを中心に活動し、「親父と嫁さん」で文化庁芸術祭賞も受賞。近年は官公庁や地方自治体の助成を受けて企画や公演を行い、2005年8月期には9億円を超す売上高を計上した。
 ただ、当初から人件費や機材運搬費などの負担が重く、企業スポンサーに依存していたため、景気後退に伴う支援減少で採算が悪化していた。 

【関連ニュース】
「これは、がんや」=検査前に手術決定か
鹿島、連結営業益19.5%増=工事の採算改善-4〜12月期
文化シヤッター、10年3月期連結純損失40億円に下方修正=景気後退で売り上げ減
五洋建設、10年3月期連結営業益108億円に上方修正=工事の採算改善
計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡

<がんフォーラム>徳島で開催 800人参加(毎日新聞)
<雑記帳>「天橋立まるごとフリーパス」サービス(毎日新聞)
「今後も骨太の言論を」 正論新風賞 遠藤浩一・拓殖大大学院教授(産経新聞)
食パンに針混入=67歳女を逮捕−三重県警(時事通信)
シリアスからコメディーまで=ベルリン映画祭最優秀女優賞の寺島さん(時事通信)

理科で範囲外から出題=国立高専入試(時事通信)

 独立行政法人国立高等専門学校機構(東京都八王子市)は22日、前日に実施した2010年度の国立高専入試の理科で出題ミスがあったと発表した。中学校学習指導要領から外れた設問一つについて、受験者全員を正解とする。
 機構学務課によると、設問は「酸・アルカリとイオン」に関する内容で、中学3年は習っていない。51校ある国立高専の入試には計1万3063人が出願。全国共通の筆記試験が21日に行われ、23日以降に合格者が発表される。 

【関連ニュース】
理学部入試で出題ミス=立教大
日本史で出題ミス=法政大入試
関係良好、韓国に配慮=自民は追及の構え
日本大使に遺憾表明=竹島めぐる学習指導要領解説書で
17人を追加合格=10カ月前の入試ミスで

5度目の「竹島の日」 松江で記念式典(産経新聞)
エルニーニョを1年前から予測=インド洋水温を利用−海洋機構など(時事通信)
「相談はすべて記録」徹底を=対応しない事案でも−警察庁(時事通信)
<党首討論>要旨(毎日新聞)
議場に「ブラボー」 兵庫県議会でコンサート(産経新聞)

菅副総理「民主政調の復活、改めて議論する時」(読売新聞)

 菅副総理・財務相は21日の読売新聞のインタビューで、民主党内で政権獲得後に廃止した政策調査会の機能復活を求める声が出ていることについて、「(政権獲得後)半年やった中でいろんなことが起きている。どうするかという議論を改めてしなければいけない段階に来ている」と述べた。

 政策決定の内閣一元化という原則を維持しつつ、党の意見を反映させる仕組み作りを検討する必要があるとの認識を示したものだ。

 菅氏は、党内の意見を集約するため小沢幹事長が設けた各省政策会議は「必ずしも十分機能していない」と指摘。

 さらに、小沢氏が当選1回の衆院議員に対し、選挙対策に最優先で取り組むよう指導していることについて、「小沢さん的な選挙のやり方とか鍛え方がプラスになっている部分もたくさんあるが、政策的なことにかかわるチャンスもある程度確保するのがバランスだと思う」と語った。

<国庫負担金>4400万円国に返還へ 三重・鈴鹿(毎日新聞)
村木被告から指示なし 前任係長、障害者団体と面会は認める(産経新聞)
42歳女性強殺容疑、知人の23歳男を逮捕(読売新聞)
裁判員裁判で初の区分審理=複数事件一括避け−「負担を考慮」・大阪地裁(時事通信)
スクーター4700台リコール=スズキ(時事通信)

<訃報>宮内婦貴子さん76歳=脚本家(毎日新聞)

 宮内婦貴子さん76歳(みやうち・ふきこ<本名・杉本婦貴子=すぎもと・ふきこ>脚本家)16日、肺気腫のため死去。葬儀は近親者で営む。喪主は長女の杉本貴子(たかこ)さん。

 代表作に映画「風立ちぬ」「野菊の墓」「人間の約束」、歌手・佐藤千夜子の半生を描いたNHK連続テレビ小説「いちばん星」(77年、高瀬春奈・五大路子主演)など。02〜03年にTBS系で放送された小学校教師と禅僧の清純ラブストーリー「ピュア・ラブ」(小田茜主演)は原作(毎日新聞社刊)も手掛けた。

暴走族構成員、過去最少=ピークの4分の1に−警察庁(時事通信)
<積雪>関東南部の平野部で1〜3センチ 18日朝にかけ (毎日新聞)
勤務時間管理で先進例調査=超勤縮減も視野−総務省(時事通信)
普天間、県外移設は困難=国民新・下地氏(時事通信)
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる−詐欺容疑で3人逮捕・警視庁(時事通信)

容疑の元Jリーガー逮捕=少女にわいせつ、金奪う−警視庁(時事通信)

 東京都渋谷区の駐車場で少女(19)にわいせつな行為をした上で、現金入りの財布を奪ったとして、警視庁渋谷署は15日までに、強制わいせつと強盗容疑で、自称群馬県館林市在住、元サッカーJリーグ選手で無職の茂原岳人容疑者(28)を逮捕した。
 同署によると、「合意の上の行為で、財布は奪っていない」と述べ、いずれも容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は昨年12月中旬の未明、渋谷区松濤の駐車場に帰宅途中の少女を連れ込み、わいせつな行為をした上で、現金数万円入りの財布を奪った疑い。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
収容少年に強制わいせつ容疑=少年院教官を逮捕
男児暴行死の父、強盗に関与か=静岡の事件で逮捕状
書道家襲われ負傷、強盗か=「仕事人」題字手掛ける
11年前の殺人、4人逮捕=別の強殺事件で起訴の男ら

社民・重野幹事長「県民の思いに応える方策か」 普天間、国民新の県内移設2案を批判(産経新聞)
勤務先園児にわいせつ行為、撮影=元保育士を再逮捕−愛知県警など(時事通信)
中川昭一氏再評価の声 2010年カレンダー注文殺到(J-CASTニュース)
<殺人>男性刺殺される…知人の男から聴取 青森県警(毎日新聞)
<枝野担当相>訓示で行政刷新「まず内閣府から」(毎日新聞)

<医療ミス>チューブ外れ60代患者死亡 熊本医療センター(毎日新聞)

 国立病院機構熊本医療センター(熊本市)は16日、胸部大動脈瘤(りゅう)の手術を受けた熊本市内の60代男性患者の気管チューブが外れ、その後死亡していたことを明らかにした。血管内の酸素濃度が急激に低下したが原因が分からず、新たなチューブを入れるまで3時間以上を要していた。熊本県警は業務上過失致死の疑いもあるとみて捜査する方針。

 病院によると、男性は4日に手術を受け、意識障害が起きたため5日に人工呼吸器を付けた。9日に看護師が口の中を清潔に保つケアをした直後の午前10時46分から血管中の酸素濃度が低下した。

 医師は午前11時40分に撮ったレントゲン写真でチューブの先端が気管の中にあるように見えたことなどからチューブは正常に入っていると思い込んだという。

 午後、別の医師が気管内を見たところチューブが食道内にあることを確認。午後2時過ぎ、新たにチューブを入れたが意識は戻らず5日後の14日未明に死亡した。病院は県警熊本北署に届け出た。

 病院は「このような事態が起き慚愧(ざんき)に堪えない。原因を究明し再発防止に努める」としている。【遠山和宏】

【関連ニュース】
医療事故:動脈傷付け女性死亡 愛知県がんセンター
京大病院:90代患者から高濃度インスリン検出
医療事故:誤って降圧剤など投与 男性患者死亡 愛媛
腎移植:「誤診で摘出」提供者が岡山・備前市を提訴
病気腎移植:「誤診で腎臓摘出」 提供者が提訴 万波医師の弟診断−−岡山地裁

自民・川崎氏、石川議員の辞職勧告案の採決要求=民自公の国対委員長が会談(時事通信)
公明代表「民主党も自浄作用を」 石川議員の辞職勧告決議案の採決を求める(産経新聞)
「リアル鳩カフェ」初開催=お茶飲みながら国民と懇談−鳩山首相(時事通信)
石川衆院議員 離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党(毎日新聞)
「ダイナマイト」張り紙リュック、中身は衣類 京大病院(産経新聞)

国民の8割反対 早急な温暖化対策法取りまとめに疑問の声(産経新聞)

 政府は、環境省が15日に提示した地球温暖化対策基本法案の素案をたたき台に温暖化対策を具体化を急ぐ方針だが、昨年12月に同省が一般からの意見を募った調査では、8割以上が温室効果ガスの25%削減という中期目標に反対や懸念を示している。世論の支持を十分に得ているとはいえない状況で法案づくりを急ぐ政府の姿勢を疑問視する声は強い。

 環境省が実施した意見募集には1376件の声が寄せられた。この中で、2013年以降の温暖化対策の国際枠組み「ポスト京都議定書」を決める交渉が流動的な中、日本だけが25%削減という突出した目標を法案で規定することに異議を唱える声が相次いだ。

 また、「産業の空洞化を招く」などの理由から地球温暖化対策税(環境税)の導入などに反対や懸念を抱く人も80%に上ったほか、国内排出量取引制度の創設についても、6割以上が反対意見を示した。

 民主党を支持する連合も「25%削減は産業構造や国民生活などいろいろな面で影響を及ぼすので、国民に開かれた議論をやるべきだ」(逢見(おうみ)直人副事務局長)としている。基本法の議論の前提として本来示されるべき試算結果の裏付けもないことから、連合は「国民が知らないまま法案が決まってしまう」(同)と、懸念を示している。

【関連記事】
エコの優等生・風力発電に逆風 低周波は本当に有害か?
与党政策、競争力につながらず 関西財界人アンケート
温室効果ガス25%削減で3案提示 政府の「行程表」論議スタート
25%削減 国民への説明が足りない
鳩山首相「人間がいなくなるのが地球に一番優しい」

レール横に水銀灯カバー落下 地下鉄御堂筋線・西中島南方−中津間(産経新聞)
「民主離党や議員辞職はせず」石川被告、議員活動継続を表明 (産経新聞)
<入札妨害>神栖市部長ら4容疑者を逮捕…茨城県警(毎日新聞)
<京都大>病院で爆破騒ぎ、患者ら避難 周囲3時間通行禁止(毎日新聞)
<エルニーニョ現象>春から夏までに終息の可能性 気象庁(毎日新聞)

「おばさん相手なら余裕で逃げられる」中3男子2人逮捕 高齢女性からひったくり容疑(産経新聞)

 高齢者の女性から現金をひったくったなどとして、警視庁少年事件課と竹の塚署は、窃盗の疑いで東京都足立区立中学3年の男子生徒(15)2人を逮捕した。同課によると2人は容疑を認め、「金欠だった。おばさん相手なら余裕で逃げられ、捕まりっこないと思った」と話している。

 逮捕容疑は昨年11月12日午前7時ごろ、台東区松が谷の路上で自転車を押しながら歩いていた無職女性(70)=同区=の背後から自転車で近づき、前かごに入っていた現金約9万1千円などが入った紙袋を奪ったなどとしている。紙袋には、女性が所属する体操クラブの忘年会費が入っていた。

 同課によると、2人はこの日、仕事を探すため区内の塗装会社を訪れたが閉店中で対応してもらえず、現場近くの区立公園を訪れた際に、女性が会費を集めているのを見かけたという。2人は「盗んだ金は、日焼けサロンや彼女へのプレゼント代に使った。他にも4、5件バイク盗をやった」と話しており、同課が詳しく調べている。

【関連記事】
「銀座のママ」狙ってひったくり 容疑の少年5人逮捕
ひったくり容疑で少年ら3人逮捕 デジカメや携帯はリサイクルショップに転売
「不景気で仕事なく」盗んだバイクでひったくり 34歳男追送検
倉科カナに110番!引ったくり通報受理の擬似体験
ひったくりを400メートル追跡、確保 京都の女性「足には自信あった」

自民・麻生氏、1ケタ飛ばすミス…資産公開(読売新聞)
ワサビの辛みで老化防止? =健康食品などに応用期待−中部大(時事通信)
徳島の駅の高3刺傷、容疑の56歳男を逮捕 「まったく知らない」と否認(産経新聞)
マータイさん 原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も(毎日新聞)
磯谷香代子議員 「フリーター」実は「資産家」(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。